HOME < 2004-2001年小林ニュース < 富士通ICAD/SXの導入について

 

 

 

掲載日 2001年1月18日                                            ニュース

富士通 ICAD/SXの導入について

  1. CADシステム更新の経緯
    昨今、情報技術の進展にともない、企業をとりまく社会構造や経営環境は大きく変化し、企業戦略においていかに「IT」を活用していくかが重要な課題となっています。当社におきましても、2001年度会社運営方針である5S(Speed,Strong,Spirit,noScrap,Service)活動の下、IT環境の整備を推進するとともに、今までの常識・意識に捕われることなく、活カある会社に変革して行きたいと考えております。そこで今回、設計環境整備計画の第1段として、「エンジニアリング・カンパニー」に向けた設計開発部門の強化と将来(PDM)を見据えた陳腐化しないシステムの構築をめざし、CADシステムの更新を実施しました。

  2. システム更新内容
    CADシステム
    ハードウエア     CELSIUS440 : 36台(富士通)  (2次元、3次元、ラスター、図面変換ツール)
    プロッター       Oce9600-PW、Oce54424XPL(日本オセ)
    スキャナー      Oce4715(日本オセ)
    図面検索システム
    オリジナル      富士通九州システムエンジニアリング殿開発
    WWWサーバー
    社内構築       大興電子通信殿サポート

  3. ICAD導入(教育)風景
    【トレーニングテキストをベースにした操作教育】
    【実際のマシンを使用しての操作教育】

    【実業務での立会い指導】

    【1日の終わりのQ&A】

▲このページのTOPへ