HOME < 2008年小林ニュース < テストSSP設備について

 

 

 

掲載日 2008年2月7日                                             ニュース

テストSSP設備について

弊社テストSSP(サクセスシュープレス)設備の改造工事が、2007年12月末に完了いたしました。

新たに湿紙供給装置と、実機を想定してダブルフエルト化されたことにより、プレス処理前後の水分変化や紙品質の比較が可能となりました。それにより、実機対応が可能となり、製紙工場で抄造した湿紙サンプルでのテストも受け入れ可能となりました。

弊社では、今夏に弊社製造の1号機を国内某メーカーに納入することが決まっています。
SSPは平成17年に事業撤退した日立造船富岡機械から譲渡された製紙脱水装置で、これまで国内製紙メーカーに数機の実績があります。
弊社では、これらのメンテナンスについても万全なサービス体制を整えています。

【テストSSP設備の基本仕様】
設計線圧  1500N/mm
設計速度  2000m/min
シュー面長 900mm

 

テストをご希望の方は、下記の連絡先までご連絡ください。
【弊社製紙機械営業部】 Tel:0545-61-2405  E-mail:salesdept1@kobayashieng.co.jp まで。

 

▲このページのTOPへ