HOME < 製紙機械 < フォーマパート < サクセスフォーマ

 

 

 


サクセスフォーマ

サクセスフォーマは当社の抄紙機の中でも高抄速、高脱水能力、良好な地合、高い生産性を得るために開発されたツインワイヤフォーマです。

 

 

 

 

サクセスフォーマは、フラットフォーミングゾーンでプレ脱水された湿紙に対し、ダンディロールの高い剪断力を利用して積極的な地合改善を行います。

抄き合わせによる白板紙および段ボール原紙の抄造に御採用して頂くことが多いですが、長網抄紙機のオントップユニットとして設置することも可能です。

特長

■ ストリークフリーの良好な地合
  均一なプロファイル
  優れた平滑性の達成
■ 低速から高速までの高い脱水能力
  少ないユニット
  抄速に対する広い適応性
  低坪量から高坪量までの広い融通性
  優れた紙力特性とあらゆる原料への対応
  低エネルギー消費
■ 高い歩留
  プレ脱水併用でファーストパスリテンションが向上
  高真空吸引が不要のため、白水バランスが容易
■ 両面脱水による表裏差の解消

性能

抄速範囲:43~1000 m/min
能力(フォーマ1基毎の原料付着量): 表層20~100 g/m2、 中層20~250 g/m2

板紙に特に必要な高い付着量が可能となっています。

基本的な配列

ハイドリック式ヘッドボックス

シート形成ゾーンまで延長されるマイクロタービュレンスにより、原料の最適な混合とストリークフリーの安定したCDプロファイルを実現します。高原料温度、広幅マシン、高速運転の場合は歪を補正するための温度均衡補正システムがオプションで設置できます。

プレ脱水ゾーン

抄造品種と抄速範囲に適したテーブルアレンジメントで良好なワイヤ面の地合と歩留を重視した緩慢脱水を行います。

ダンディ効果およびツインワイヤー脱水ゾーン

サクセスフォーマのダンディロールは、長網抄紙機のダンディロールに比べ低原料濃度での抄造が可能です。
サクセスフォーマのダンディロールは、繊維の再分散を効果的に促進し、地合を改善し、紙力の向上をもたらします。

メイキングワイヤの採用により、ソリッドフォーミングロールをラップして、2重(フォーミングワイヤ&メイキングワイヤ)のワイヤループを形成することで面圧と遠心力により、メイキングワイヤ側への脱水が湿紙層を乱すことなく可能となりました。ツインワイヤ脱水により表裏差のないシートを形成します。

シートトランスファーゾーン

ツインワイヤが分離する箇所の湿紙水分は抄き合せに最適な90%程度となります。湿紙は、タッチロールによるニップで確実にトランスファーフェルトへ移行し、次のユニットへ運ばれます。

サクセスフォーマは当社の抄紙機の中でも高抄速、高脱水能力、良好な地合、高い生産性を得るために開発されたツインワイヤフォーマです。サクセスフォーマはフラットフォーミングゾーンでプレ脱水された湿紙に対し、ダンディロールの高い剪断力を利用して積極的な地合改善を行います。抄き合わせによる白板紙および段ボール原紙の抄造に御採用して頂くことが多いですが、長網抄紙機のオントップユニットとして設置することも可能です。

 

お問い合わせ先  株式会社小林製作所 製紙機械営業部
E-MAIL salesdept1@kobayashieng.co.jp 
TEL 0545-61-2405 FAX 0545-63-4570

▲このページのTOPへ