HOME < 製紙機械 < フォーマパート < PFギャップフォーマ

 

 

 

PFギャップフォーマ

小林製作所とジョンソンフォイル社のパートナーシップにより、紙層形成における新技術が完成。

『PFギャップフォーマ』は各種上質紙および新聞紙用マシンの操作性・生産性・品質を大幅に向上させる、優れたフォーミングシステムです。貴社の事業に合わせて段階的に導入でき、さらなる発展、利益率アップに貢献します。

高い歩留まりを保ちながら優れた地合と表裏差の改善を実現!
世界最高レベルのフォーマ技術を、ステップアップ式改造で導入できます。

ステップ1
地合の改善および脱水の向上
■ サクションボックスに最新のフォーメーションカバーの採用
■ カウンターブレードユニットの設置
■ プレクーチハイバックの設置(高バキュームボックス)

ステップ2
PFギャップフォーマの完成
■ 最適インピンジメントシューの導入
■ PFフォーミングシューの導入
■ PFサクションボックスの設置
■ スーパーハイバックの設置

 

お問い合わせ先  株式会社小林製作所 製紙機械営業部
E-MAIL salesdept1@kobayashieng.co.jp 
TEL 0545-61-2405 FAX 0545-63-4570

▲このページのTOPへ