HOME < 製紙機械 < ドライパート < ロッドメタリングサイズプレス

 

 

 


ロッドメタリングサイズプレス

 

我々のロッドメタリングサイズプレス(RMSP)は、表面サイジングおよびピグメント塗工が可能なフィルム転写方式のコータです。アプリケータロールに供給される塗工液の厚みはロッドにより制御され、アプリケータ間のニップで、紙に転写されます。

特長

■ コート量が容易で正確に調整可能
■ コート量の均一なプロファイル
■ 非接触式のソフトバッフルの採用
■ エンドダムの採用
■ 高濃度での塗工が可能
■ クリーンな運転で操業性を向上

コーティングヘッド

コーティングヘッドの最も重要な要素は十分なる剛性を有し、抄き出し時および高速運転時に安定した操業を行うことです。有限要素法を用いて、3次元での剛性の高い、熱伝達による歪みを最小にする設計となっています。またヘッダの洗浄を容易にするため、開閉機構を具備しています。

熱歪み解析
開閉機構

ロッドおよびホルダ

スターチ塗工はグルーブロッド、ピグメント塗工はスムーズロッドを使用します。 ロッド径は使用条件により9~38mmの範囲で使用可能です。

■ 独特なロッドホルダの設計
リップにシールチューブを使用
■ 高分子ポリエチレンの採用
低い駆動馬力
長い寿命 (4 – 6 週間)
■ 駆動カップリングの迅速な取外し
■ 電動ギヤ駆動

ソフトバッフル

下図は断紙時およびアプリケータロール上の紙の堆積による被覆材への一般的な衝撃ワッド損傷を示しています。柔らかい高分子ポリエチレン(HDPE)バッフルを使用すれば、柔軟性があるので被覆材への損傷を防ぐことができます。

■ 非接触型のバッフル設計
■ 断紙時にアプリケータロール表面を損傷させない、非常に狭い間隙にすることができる
■ アプリケータロールの研磨周期の延長
■ 取替えが容易

エンドダム

非接触式シールにより、アプリケータロールのカバーの磨耗を防ぎ、供給される塗料の幅を良好に制御します。

■ エッジワイパが不要
■ 非接触式シールの採用
■ 二重シール機構
■ 塗工幅調整が容易

 

お問い合わせ先  株式会社小林製作所 製紙機械営業部
E-MAIL salesdept1@kobayashieng.co.jp 
TEL 0545-61-2405 FAX 0545-63-4570

▲このページのTOPへ