HOME < 製紙機械 < ドライエンドパート < ニップ圧プログラム制御

 

 

 


ニップ圧プログラム制御

 

当社は安価な投資コストでベストソリューションを提供いたします。

既設のポープリールのニップ圧制御の問題箇所は?

■ プライマリアームによる巻取りロールの圧力制御
■ プライマリアームからセカンダリアームへ巻取りロールを受け渡しする際の圧力制御
■ セカンダリアームによる巻取りロールの圧力制御

これらの圧力の変動をスムースに移行させることが巻取り品質、運転効率、損紙の低減をするために大変重要です。当社では、精密な油圧制御システムと特殊バルブを採用することにより、0.009MPaの超微圧で0.0254 mmまでの微調整が可能となりました。上質紙、軽量コート紙、薄葉紙、ティシュなどを高速で運転する場合、これらの改善は必要不可欠です。

即ち問題点を改善するには

■ プライマリアームのニップリリーフ構造の採用
■ セカンダリアームのニップ圧制御シーケンスの採用
■ 巻取りロールの制御された受け渡し

プライマリアームのニップリリーフ構造
セカンダリアームのニップ圧制御シーケンスの採用

プライマリアームおよびセカンダリアームともに油圧制御システムにてスピード、ニップ圧およびポジションをインターフェースし、受け渡し時にニップ圧変動を最小にして、紙を均一なテンションでスプールに巻くことができます。また流量制御により、操作側および駆動側のアームを容易に同調させることができるため、セカンダリアームのクロスシャフトは不要となりました。

 

お問い合わせ先  株式会社小林製作所 製紙機械営業部
E-MAIL salesdept1@kobayashieng.co.jp 
TEL 0545-61-2405 FAX 0545-63-4570

▲このページのTOPへ